大量発注がお得!ポリ袋印刷の費用

注文が多ければ多いほど安くなる

ポリ袋の印刷費用は、業者によってさまざまですが、ほとんどの場合は注文数が多ければ多いほど安くなっていきます。どのくらい安くなるのかは、業者の公式ホームページに料金表として記載されているので確認してみましょう。料金表を確認すれば、100枚、500枚、1000枚などと、注文数が増えれば、費用が安くなることがすぐに理解できるはずです。なお、オンライン見積もりが用意されている業者ならば、料金表を見ずとも、簡単に費用の確認が可能です。素材や印刷方式(2色やフルカラーなど)やサイズ、そして注文枚数をきちんと決めた上で、オンライン見積もりを利用すれば、その場ですぐに印刷費用を自動計算してくれます。もちろん、無料で使えるので、ポリ袋が欲しいなら、とりあえずでもチェックしてみましょう。

料金表にないのなら見積もりをお願いしよう

大量注文をしたときのポリ袋の印刷費用は、決められたサイズしか載っていない場合が多いです。しかし、公式ホームページに載っていないからといって、すべてのところが印刷に対応していないわけではありません。そのため、規格外のサイズのポリ袋を印刷して欲しいときは、まずは対応しているかどうか、メールか電話を使って尋ねましょう。対応していたとしても、最低注文枚数が決まっているケースもあるので、最初に何枚から注文が可能なのか聞いたほうがよいです。規格外に対応していて、最低注文枚数もクリアしていたのなら、あとは見積もりをもらうようにしましょう。作成して欲しいポリ袋の詳細を話して、必要な枚数を伝えれば、印刷するのにかかる詳細な費用を教えてくれます。